宅間守と松本人志は同級生!?ラジオでの発言が気になる!嫁や母親父親の現在は?

池田小学校襲撃事件の犯人である宅間守。今回は宅間守とお笑い芸人ダウンタウンの松本人志との奇妙な関係について。ラジオでの発言や嫁や母親/父親/兄の現在顔写真について、その他気になる噂についてを調べました!

宅間守と松本人志は同級生!?ラジオでの発言が気になる!

ダウンタウンの松本人志さんと襲撃事件犯人の宅間守とは同級生だったんだそうです。2人とも年は同い年で、同じ兵庫県尼崎市の工業高校に通っていたんだそう。

宅間守が1963年11月23日生まれで、松本人志さんが1963年9月8日生まれです。どうやって判明したのかまでは分かりませんが、同じ高校の機械科に通っていたんだそうです。

しかし、松本さんからのコメントなどは無く、学生時代の2人の交友関係や学校での様子などは公開されていません。また、この噂に関して松本さんの所属事務所はこのようにコメントしています。

「同学年にいたかどうかの確認の使用がありません。」

気になっている方も多いとは思いますが、特に同学年で学校にいたからと言って信用を無くしたり、どうにかなるわけでもないので、無駄に世間を混乱させないために取った策なのかもしれませんね!

また、宅間さんは兵庫県尼崎市の工業高校を中退しているそうなので、より一層二人の関係に関しては、情報が薄くなっているというのが現状の様です。

獄中結婚した嫁は大月純子?画像は?

宅間守の死刑が確定後に、ある女性と出会い獄中で結婚をしたんだそうです。馴れ初めに関して探ってみると、その女性は死刑廃止運動をなさっている方なんだそうで、活動の一環として宅間守に出会ったものと考えられています。

そして2人は意気投合し、刑務所の獄中で文通を行っていたんだそう。その女性は自分がクリスチャンで博愛主義者だという事も発しており、あるインタビューではこんな事も言っておりました。

  • 「自分が宅間さんを何とかしたい」
  • 「私は社会的にどこか問題がある男性を愛してしまうんです。私、小学校のときからいじめられていて、大人になってからも、疎外され続けてきました。だから、同じように社会から疎外された犯罪者に強く惹かれてしまうんです。支えてあげたいと思ってしまうんです。」

最初は宅間守は女性に対して心を開かなかったそうなのですが、刑執行の際にはこんなことを言っていたそうです。

  • 「『ありがとう、と僕が言っていた』と、妻に伝えてください」

と言う事で最後に残した言葉は妻への感謝の言葉と言う事で、最後の最後まで遺族への謝罪の言葉などは無かったんだそうです。

そして気になるこの”女性”に関してですが、現在出ている情報の中でいう一番有力とされているのがこの方。大月純子さん。

大月さんは日本基督教団、別名 日本キリスト教団ともいわれるカルト教団に所属しているそうで、そこの牧師なんだそうです。

しかし、この大月さんは以前に光市母子〇人事件の犯人である、福田孝行と獄中結婚されている方で、宅間守とは関係ないものと考えます。

宅間守の家族、母親/父親/兄の現在はボロボロ?顔写真は?

宅間守の家族は、両親と7つ上の兄がいます。宅間守の生い立ちについては後程説明させて頂きますが、こちらでは両親の事件後の様子を見ていきます。

取材した記者によると、事件後の父親(宅間武士 氏)は、完全に関係を否定し、酒に溺れるような日々を送っていたそうですが、その内にお酒すら辞めてお茶しか飲まなくなったんだそう。

住んでいる家もボロボロで、雨漏りして畳が腐っていたんだそうです…。宅間守の形執行後、墓参りだけでもと言ってきた記者に対してこんなことも言っています。

『それは知らん。あのガキの遺骨はドブに捨てられても仕方ないんや』

母親はと言うと、宅間が22歳の時に起こした強〇事件で起訴され、奈良少年刑務所に3年服役して戻ってきた頃、精神病み、その後約10年間に渡って父が介護してましたが、ついに精神病院に入院。

その後老衰で亡くなったんだそうです。

はと言うと、弟の守のせいで精神を病んでいたワケですが、妻とも離婚した後に起業に失敗し、1999年3月2日に自殺をしたそうです。

「人間の禁忌」=近親〇姦?

そして気になることが一つ。宅間守の母親との奇妙な半年間についてですが、それまで毛嫌いしていた息子 宅間守との同居生活を半年間行っているんです。

1984年の守が20歳の頃、どういうワケか母親と2人暮らし。そしてこれを取材したジャーナリストは、こんな風に書いているんです。

「新潮45で宅間の父を取材したジャーナリスト今枝弘一氏は『人間の禁忌(きんき)』と近親〇姦を匂わせる記述をしている。」

そして後に父親がアパートを突き止めると宅間守は、、。

父親は守らのアパートを見つけ、母親を連れ戻そうとしたところ、宅間守は鉄スコップで殴りかかってきたという。父親がレンガで反撃すると宅間は「お父ちゃん,殺さんといて,たのむわ,改心するさかい。命助けて」と命乞いをした後悪態をついて逃げる。

という結末で、この奇妙な同居生活は終わりました。順番が前後しますが、次は宅間守の生い立ちを見ていきましょう!

宅間守の生い立ちが壮絶!母親の第六感…?

宅間守の生い立ちとしては、先ほども出た、兵庫県の伊丹市という所に生まれます。父は工員の男性(S)で、後に紹介しますが父親には幼い頃から虐待を行っていたんだそう。

そして母親はと言うと、宅間守が生まれる前にこんなことを言っていたんだそう。

  • 「あかんわ、これ、堕ろしたいねん、私。 あかんねん絶対」

宅間守を身ごもった時に何を感じたのかは分かりませんが、後にとんでもないことをしでかす事を予想していたかのように産むことに関して何かしらの不安があったみたいですね。

更にはこんな情報も…。

  • 生まれてからも母乳をあげる事も嫌がっていた程次男の守を毛嫌いしていた傾向が強く出ていた
  • 『お前なんか産まなければ良かった』
  • 家事や料理が苦手で一種のネグレスト的傾向の強かった母親に変わり父親がその大半を補って、家庭を切り盛りしていた

宅間守は幼い頃から常軌を逸した行動をとっていたそうで。原因としては父親の暴力や虐待などが理由として挙がっているようです。今回は宅間守の幼少期のエピソードを何個かをご紹介しましょう。

  • 「小・中学時代から強者に迎合し、自分より劣ると判断した同級生を『奴隷』と名指しした。『宅間さま』とかしずかせ、『調子に乗るな』と因縁をつけて暴行。女生徒が横切れば、唾を吐きかけた。」
  • 「燃やしたドラム缶に生きたままの猫を入れたり、布団です巻きにして川に流す。成長するにつれ、些細なことで母親を殴り、家庭内暴力を繰り返したという。」
  • 三輪車で国道の中心を走って渋滞させたり、動物を虐待するなど 反社会的行動が目立っていた。

と、その問題のある性格は幼少期からすでに形成されたもので、その行動は間違いなく普通の子供ではなかったといえるでしょう…。

そんな宅間守は最早両親の手に負える子供では無かったそうで、母親や父親に対してこんなことも言い放ったんだそう。

  • 『もっと頭の良い人間として産んでくれなかったのが悪い』
  • 『死ぬまで苦しめてやる』
  • 『ヤクザを使ってお前らの生活をメチャクチャにしてやる』

こんな発言により母親は精神を病み、精神病院での生活を余儀なくされてしまったんだそうです…。

宅間守の夢は自衛隊だった?ヤっちゃってすぐ除隊…。

宅間守は裁判の際にも高学歴で高収入な人に対しての差別的な発言を繰り返していたり、嫉妬や羨望の念を抱いていた傾向にありました。

そんな宅間守の性格は少年時代からで、小学校の時から自衛隊になるのが夢だったんだそうです。そんな宅間守の発言がこちら。

  • 「将来は自衛隊に入るぞ~」
  • 「俺はもう少しで自衛隊に入るからお前らとはあと少しの付き合いや」

また先ほどの続きですが、高校2年の時に学校から停学処分を受けた際の反省文にもこう書かれていたそうです。

「自衛隊は内申書一切関係なしの一発勝負」

と、こんな風に書いていたんだそうです。もちろん悪いなんて事一切思っておらず、自衛隊に入るんだから関係ないといった感じです。ヤっちゃった事に関しては次をご覧ください。

実は前科15犯!?犯罪歴や結婚歴&離婚歴なども!

宅間守は、学生時代から「自衛隊になる」という目標があったわけですが、高校を中退後にすこしアルバイト(ガソリンスタンド)を経験した後に航空自衛隊(パイロット)に入隊しています。

ですが、入隊して間もない期間の間に、ある問題を起こします。

家出した少女を勝手に寮に泊め、強〇未遂したのです。これによって直ぐに除隊。後に沢山の職業を経験していたみたいです。

  1. マンション管理会社
  2. 市営バス運転手
  3. ゴミ収集
  4. 小学校の用務員
  5. タクシー運転手
  6. ダンプの運転手

更に、それぞれの転職先でも数々の問題を起こしていたようで、こんな犯罪歴や問題行動があったようです。

  • 「マンション管理会社の業務中に、マンションに住む女性宅に上り込み強姦」
  • 「車のライトが眩しいと言いがかりをつけ、相手の車を破壊」
  • 「実兄の愛車を角材でボコボコにする」
  • 「検問を突破し高速道路の逆走」
  • 「結婚した相手への暴行」
  • 「小学校教諭のお茶に精神安定剤を混入」

また、プライベートでは、4回の結婚と離婚を経験していて宅間が31歳の(バス運転手)時に同じ職場にいた44歳年上の老婆(75歳)と養子縁組を組んだこともわかっています。(金目的と言う説もある)

更には、お見合いパーティで「公務員」と嘘をついて参加していたんだそう…。

宅間守は創価学会員という証拠が悪魔の部屋に…!?実は在日で両親も!?

この噂は、宅間守の実家の部屋の写真が公表されたことにより発見されました。あるマスコミ関係者によると…。

「部屋は4畳半の洋間で、ほぼ当時のまま。アメリカの星条旗や野球のバットがぶら下がっているほか、航空自衛隊のポスターが貼られていた。その中で目立ったものが、星条旗の下にある仏壇だった」

とのことで、公開された写真を見ると確かにそれらしきものが写っています。

そしてこれを見たある創価学会員が学会の部長に見せたところ、キレ気味でこう返されたんだそう…。

「日蓮正宗の会員と言っていけばいいのよ」

学会は関与を否定している様です。ある情報筋によると両親も創価学会員で、更に在日韓国人である噂も出ているようです。

決定付ける証拠こそないものの、ある方は最早”在日”だというていで話を進めていて、朝鮮部落出身だという事です。本当なのかどうかはいまだに闇の中ですが、今後も調査は続けていきます…。

宅間守まとめ

  • ダウンタウン松本人志とは関係がありそうだが証拠はなく、事務所も否定。本人も”記憶にない”
  • 獄中結婚した嫁は”大月純子”ではない可能性が高い
  • 母と兄はなくなっていて父は病み気味
  • 幼い頃から両親の手に負えない程の悪童だった
  • 附属池田小学校事件以来にも数々の犯罪歴

と言う事で今後も調査は継続し、新しい情報が出て着次第追記していきます。