サイモン・ベイカーの現在の仕事は?性格は?嫁レベッカ・リグとの娘

心理サスペンスドラマ「メンタリスト」で主人公ジェーンを演じた、サイモン・ベーカー。

男のセクシーさと無邪気な子供のような笑顔に虜となった方も多いと思います。そんな素敵過ぎるサイモン・ベーカーの過去から現在、奥様と子供達の様子などお伝えしたいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The hair fairy had her way with my mane. Cheers @renyaxydis #snipsnip #tidyup #longoverdue

Simon Bakerさん(@snappytoes)がシェアした投稿 –

「メンタリスト」でよく知られるフェロモン系渋イケメン

『メンタリスト』は、アメリカで2008年から2014年に放送された1話完結型のクライムドラマ(犯罪系)で、日本では2010年から2016年にかけて放送されました。

サイモン・ベイカー演じる主人公パトリック・ジェーンは、人の心を読み取り、操ることに長けた元詐欺師という設定です。

連続殺人鬼レッド・ジョンに家族を皆殺しにされたことを期に、カリフォルニア州捜査局で捜査の手伝いをすることになりました。

何を考えているのか解らず、気ままに行動するジェーン。いつも他の捜査官たちをイラつかせますが、卓越した推理力で難事件を次々と解決します。

いたずらのようなトリックを使い犯人を捕まえるジェーンを、ベイカーは茶目っ気のある演技で人気を博しました。

おかげでシリーズは大ヒットとなりました。なにより主人公パトリックジェーンを演じるサイモンベイカー氏が最高なのは言うまでもありません。

現在

 2019年現在 50歳になるサイモン・ベーカー。

2019年6月16日 フランス、シャンティイ競馬場に現れました。

今回はフランス競馬ディアヌ賞。日本では、フランスオークスと呼ばれることが多いようです。
今年は日本からも、騎手の武豊が参戦していました。

この競馬は高級時計ブランド、ロンジンがスポンサーを務めていてブランドアンバサダーのサイモン・ベーカーが登場したわけです。

映画「Breath(ブレス)」を監督

オーストラリアで最も栄誉があるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞、ティム・ウィントンの自伝小説「ブレス」を、TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で第61回エミー賞主演男優賞ノミネートの俳優サイモン・ベイカーが主演と初監督で映画化

実際にサーファーの2人の少年をメインキャストに抜擢し、初めての演技とは思えないような存在感を示すことに成功しました。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)などに出演するエリザベス・デビッキが少年たちを翻弄させる女性として登場。

サイモン・ベイカーが、原作に惚れ込んで取り組んだ、みずみずしい魅力ある大ヒット作です。

 

「ブレス あの波の向こうへ」の邦題で7月27日(土曜日)から順次、日本公開されます。

【http://breath-movie.com/theater】

嫁は女優のレベッカ・リグ

サイモンベーカーの奥様は、オーストラリアの有名女優レベッカ・リグさんです。知り合ったのは1990年頃、友人の紹介だったようです。

その後1992年にはオーストラリアの『E Street』というオペラで共演しています。

サイモンが働いていたBARに来店

サイモン二十歳のころ、看護専門学校を中退し様々なアルバイトをしていました。その中で最も長く続いたのがパブ(BAR)のウェーターでした。

22歳の時、彼が働いているシドニーのパブ(BAR)に女優レベッカ・リグさんが訪れます。

「運命の出会い?」とサイモンが釣られたような見方もあります。

二十歳のころから広告モデル等をこなしていた彼は、23歳で国民的人気の青春ドラマ「E-ストリート」にてレベッカと共演、アイドル俳優として人気を博しました。その頃からレベッカとの生活が始まります。

今現在でもラブラブのおしどり夫婦

サイモン・ベイカーは若い頃から今までゴシップやスキャンダル一切流れた事がありません。愛妻家であり、家族思いの男性として有名です。

サイモン・ベイカーは1998年、今から21年前にレベッカ・リグさんと入籍しました。

29歳の時でしたが、それ以降家庭不和の噂など流れてくる事は一切ない円満な夫婦関係を築いてきています。

家庭が一番

  • 24歳、レベッカとの間に長女ステラが誕生します。(1993年8月8日)芸名を「サイモン・ベイカー・デニー」に変更しました。
  • 26歳、わずか3500$の所金だけでアメリカ・ロサンジェルスに家族で移住しました。
  • 29歳、レベッカと正式入籍。
  • 1999年に長男「クロード・ブルー・ベイカー」誕生
  • 2001年9月19日に次男「ハリー・フライデー・ベイカー」誕生 

最愛の奥様、レベッカ、そして1女2男の子供達。本当に家族を大切にする父であり人気俳優のサイモン・ベーカー。ほほえましい姿が度々メディアにも登場します。

ハリウッド屈指の”おしどり夫婦”とコラボ!

ハリウッドでおしどり夫婦と言えば愛妻家でおなじみのヒュー・ジャックマン。

奥様は13歳年上のデボラ=リー・ファーネスさんです。

ヒュー・ジャックマンもサイモン・ベーカーもオーストラリアを代表するハリウッドセレブですね。2016年、二人はクリスマス・ホリデーで故郷オーストラリアに戻ってきていた様子。

12月24日、日本人にも有名なボンダイビーチにあるシーフードレストランNorth Bondi Fish(ノース・ボンダイ・フィッシュ)で偶然はち合わせたようです。

ヒューマン・ジャックは、当時16歳になる息子オスカー君(養子)をサイモン・ベイカーは妻のレベッカ・リグさんを連れていたそうですよ。

2人ともアラフィフですが、とても渋い大人です。若い女性には目もくれず、長年妻一筋なんてこっこいいですね。

大変美人だと噂の長女、ステラ・ブリーズ・ベイカーは、両親と同じ女優の道に進んでいます。2014年には父の代表作、ドラマ「メンタリスト」シーズン7第2話にゲストとして出演しています。

2017年、短編映画「Candace」に主演し、2019年放送のスリラードラマ「Tell Me Your Secrets」にレギュラー出演しています。

今後の活躍が楽しみですね。

家族が「メンタリスト」に出演していた

サイモン・ベーカーの出世作または代表作と言っいい、大ヒットドラマ「メンタリスト」。

このドラマには、妻レベッカ・リグさんと長女ステラ・ブリーズ・ベイカーが出演しています。

妻、レベッカ・リグさんは、「メンタリストシーズン1、第9話」娘ステラ・ブリーズ・ベイカーさんは、「メンタリストシーズン7、第2話」にゲスト出演しました。

サイモン・ベイカーの若い頃

 

この投稿をInstagramで見る

 

1970 with big sister

Simon Bakerさん(@snappytoes)がシェアした投稿 –

2019年50歳になるサイモンベイカー。

ブレイクしたのは30代からでしたが、無名だったオーストラリア時代から、振り返っていきましょう。

学生時代は授業を抜け出して大好きなサーフィンに明け暮れていました。

また、異父が医師だった事もあり親も医者を目指してほしかったようですが、能力的に無理だと判断した彼は、看護師を目指し専門学校へ進学しました。

看護専門学校では、女性との出会いも多いと期待していましたが、それは叶わず、わずか3カ月で退学してしまいました。

その後、俳優への道へと進み、ご存知のような成功を収めます。余談ですが、サイモン・ベーカーは日本通でも有名です。

2007年、ブレイク前に日産自動車、エルグランドのCMにも出演しています。

リメイク版の「リング2」にも出演

日米で大ヒットした『ザ・リング』の続編。Japanese Horror第一人者、中田秀夫監督がハリウッドでリメイク版に挑戦。

主演は前作に続き、ナオミ・ワッツ。

全米初登場ナンバーワンを記録した本作はホラーの要素以外にも親子愛をテーマにし、ドラマティックな作品に仕上がっている。

サイモン・ベーカーは主人公レイチェルの上司役で登場。


心やさしくレイチェルに恋心を持つなんとも言えない役柄でした。2005年6月日本公開されました。日本での評価はここでは避けましょう。

サイモンベイカーのファッション/サングラス/愛用ブランドは?

サイモン・ベイカーは2012年からロンジンのアンバサダーを務めています。

オーストラリアの俳優である彼は、ロンジンノ基本的価値を体現し「エレガンスは生き方にあらわれる」のモットーを見事に伝えてくれています。

ロンジン杯で日本に来日

2016年、JRA第36回ジャパンカップ 。

優勝したのは歌手北島三郎持ち馬「キタサンブラック」、騎乗武豊騎手でした。2014年以降このJRAジャパンカップの公式スポンサーがスイス発祥の世界大手時計メーカーのロンジンである。

ですから、正式名所は「ジャパン・オータム・インターナショナル ロンジン賞 第36回ジャパンカップ」となっている。

この大会にロンジン・アンバサダーのサイモン・ベーカーが参加、表彰式でロンジン賞のプレゼンターを務めたと言うわけである。

愛用サングラス/【OLIVER PEOPLES(オリバー ピープルズ)】

愛用のサングラスは、1987年ロサンゼルス・サンセット・ブルーバードにオープンした眼鏡店「OLIVER PEOPLES(オリバー ピープルズ)」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hope you all enjoy the 6th season and thanks for watching. #mentalist #thementalist,@mentalist thanks for watching.

Simon Bakerさん(@snappytoes)がシェアした投稿 –


詳細は→https://www.gqjapan.jp/brand/oliverpeoples

ジョニーデップ、ブラッド・ピッドなどのハリウッドセレブはもちろん バラク・オバマなどVIPにも支持受けています。

まとめ

では、最後にここまでをまとめます。

  • サイモン・ベーカーはドラマ「メンタリスト」でフェロモン系渋イケメンで大人気
  • 2019年現在50歳 映画「Breath(ブレス)」を監督しました。
  • 奥様は2歳年上の女優レベッカ・リグ いまもラブラブおしどり夫婦
  • 子供は1女2男 長女は女優業 母娘ともメンタリストにゲスト出演
  • 若い頃はサーフィン三昧 
  •  来日も数回あり、日本車(日産エルグランド)のCMに出演
  • ハリウッド版「リング2」に出演
  • スイス時計メーカー、ロンジンのアンバサダーを務める
  • ロンジン繋がりで、JRAジャパンカップの表彰プレゼンターを務め。北島三郎、武豊と3ショット。

以上、今もハリウッドでは超セレブのサイモン・ベイカー、彼の生い立ち、家族、現在について調べてみました。最後までお付き合いありがとうございました。