ナタリーポートマンの現在や性格は?大学が凄い!日本語ペラペラ!?

ディオールのcmや映画「ブラックスワン」「スターウォーズ」「レオン」などで知られる、女優ナタリーポートマン。

 

今回は彼女の現在と性格、大学時代の功績、などについてしらべました!

 

スポンサーリンク

 

ナタリーポートマンの現在

 

 

幼い頃から活躍し、「かわいい」「美人」といわれ続けている彼女ですが、
もちろん現在でもその美しさは健在です。

 

現在では、結婚し子供が2人のお母さんです。

 

 

昔は、恋多き方で、相手がいる男性をも虜にしてしまう事から
”魔性の女”の異名がついていたことも。

 

結婚して子供がいても女優業は続けているみたいですね。

2017年には映画「プラネタリウム」のジャパンプレミアへ出席していました。

 

 

映画「プラネタリウム」が2017年9月23日公開予定、
「ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス」
が2017年10月14日公開予定と立て続けに公開映画を控えているナタリー・ポートマン。
当面は女優業で忙しくなりそうです。

 

2017年の新作ドキュメンタリー映画『Eating Animals(原題)』には水玉模様を着こなし登場

 

 

スクリーニングに、ミュウミュウ(MIU MIU)の水玉ドレスをチョイスした
ナタリー・ポートマン。普段は黒やシンプルなスタイルが多い彼女だけに、
なんとも爽やかな印象。子どもっぽくならない、
キュートな大人の水玉の着こなしを披露した。

 

元気そうですが気持ち痩せてますかね、、??

 

アベンジャーズ第4弾に出演!?

 

 

大人気シリーズの「アベンジャーズ」に出演する可能性があることを監督が語っています!

 

映画『アベンジャーズ』第4弾にカメオ出演する可能性があるようだ。
「マイティ・ソー」シリーズでジェーン・フォスター役を演じているナタリーが、
「アベンジャーズ」シリーズの次回作でマーベル・シネマティック・ユニバースに
復帰する可能性があることを監督の1人であるアンソニー・ルッソが示唆した。

 

本人はもう出演できるか分からないと、「マイティソー」の時は言っていましたが、

今回の件についてはこう語っています。

 

「素晴らしい作品よ。1人の俳優として、全くスケールの違うものだから。
こういう映画を作る時って、ブルーのスクリーンでの仕事がすごく多くて、
ファンタジーに溢れているの。イマジネーションを壮大に広げないと駄目でしょ」。

 

女優としてもまだまだ画面で見られそうですね!!

 

激やせ!?慈善活動も!

 

2018年公開映画「アナイアレイション -全滅領域-」では主演を務めています。

 

 

めちゃめちゃ痩せています、大丈夫でしょうか??

 

元来ストイックな性格の持ち主で、映画「ブラックスワン」の時は、
体重を9キロも落としたことで話題になりました。

 

今回も役作りの為でしょうか、、現在は激やせしています、、。

 

他にも、ちょっとした慈善活動なんかもやっているみたいです。

 

ナタリー・ポートマン(36)が、エレン・デジェネレス(60)が主催する野生生物の基金に1000ドル(約11万円)の寄付を行った。

 

実は、第二子を妊娠中に海外版「徹子の部屋」てきなTV番組「エレンの部屋」(笑)に出演した際に、次に生まれてくる子供の性別でエレンと賭けをしたそうで、

スポンサーリンク

 

その賭けに負けて寄付を行ったみたいです。

 


 

大学では??日本語ペラペラ??

 

 

幼少期から活躍しながら、勉強も熱心に取り組でいたというかなりの努力家

高校時代の成績はオール”A”そして大学は超名門ハーバード大学

 

大学は世界トップレベルの名門ハーバードに進学し、優秀な成績で卒業した。
特に語学力に秀でており、母国イスラエルのヘブライ語、英語をはじめ、
フランス語、ドイツ語など6カ国語を操り、日常会話程度なら日本語も話せるという。

 

更にあの名作「スターウォーズ」の3部作に出演しているときもこの大学時代

一体どんなスケジュールで、仕事と学業を両立していたのでしょう、、。

自分の時間なんてものはなかったんでしょうね、、。

 

とにかく意識が高く、もはや超人的とも言っていい努力の天才ですが、
それゆえに悩みも多く抱えていたようです。

 

大学に入学した直後は、

 

「おバカな女優」のレッテルを返上する決意に燃えていた。

 

と語り、有名人だから入学できたという
勘違いを周りがしているんじゃないか不安だったと語っています。

 

 

更には、2015年、ハーバード大学の卒業式のスピーチでは、
こんなことを語っています。

 

「ここですごした時期を美化するのは簡単ですが、つらい時期もありました」

 

と告白し、恋愛に関することも告白しています。

 

「19歳で、初めての失恋を経験したり、
うつの副作用があるために販売中止となった避妊薬をのんだりしたことも…」。

 

普通一般的な学生生活や暮らしをしていなかったナタリーにとって、
自分とは真逆の生活をしている同級生はどう見えたのでしょう、、、

 

しかし、そのうちにマイナス思考の自分をやめ前に踏み出したようです。

 

学位を取得して卒業すると、自分の才能を発揮できる場所に気づいたようだ
「現場に戻って、もっと映画に出たいという自分の気持ちに気づきました」
「理由を取り戻したんです」と語った。

 

大人になり、当時の自分と照らし合わせ、今卒業する学生へ、、

 

 

「私はいままで反抗的でなく、良い子過ぎたことを後悔している」
「みなさんの経験不足は資産です。
そのおかげで自分だけの型にはまらない方法で考えることができるからです」

 

正義感も強い彼女は自分を律することでがんじがらめになってしまったのですね、、。

 

「年を取るにつれて、人は自分の能力に対し、より現実的になっていきます。
この現実的な態度によって物事がうまくいくことは、ほとんどありません」

 

ずいぶん悲観的な物言いではありますが、相手は学生でこれからという時なので、
怠けずにがんばれという彼女なりの応援メッセージなのでしょう、、。

 


 

 

ナタリーポートマンは夫を略奪した!?子供は?離婚した!?画像あり

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)