ミーガンフォックス の現在~若い頃(昔)!旦那ブライアン・オースティン・グリーンと子供(息子)について!

2000年代初頭から活躍した女優ミーガン・フォックス。

彼女の現在と若き頃について振り返っていきたいと思います。

その他にも彼女が共に生活を過ごしている旦那様ブライアン・オースティン・グリーンや可愛い子供たちの事について、情報などもありますので、ぜひ最後まで読んでください。

ミーガンフォックス の現在の活動!

( https://www.wowkorea.jp/  より引用)

 

ミーガン・フォックスは一時、女優業を引退してしまったのではないかと言われていました。

しかし2020年、現在でも女優としてそのキャリアを伸ばしています

その女優としての活動はアメリカ以外にも進出していて、韓国映画でも活躍しています。

2019年、韓国で公開された映画「長沙里9.15」では朝鮮戦争で実際に派遣された平均年齢17歳の学徒兵達についての記事を書くジャーナリストを演じていました。

韓国以外にも2020年現在、確認が取れるだけでも4本の映画に出演が決まっています。

その中には俳優ブルース・ウィリスと共演するサスペンス映画も予定され、彼女のキャリアUPに繋がるのではと期待されています。

という事で彼女は今現在も活躍中ということになりますね。

GAME

( http://big-celeb.jp/2016/05/post_6420.html より引用)

ミーガン・フォックスはゲーマーでも有名です。

ゲーム「HALO」のコアなユーザーだった事が知られています。

また2019年、PS4でもサービスが開始されてユーザーが増えたオンラインRPG「黒い砂漠」のティーザー予告編にも顔を出していました。

それ以前にも彼女自身の代表作「トランスフォーマー」を題材にしたゲームでは映画同様のキャラクターを演じていました。

2016年にはケータイ用ゲーム「ストームフォール・バルーアの復活」で彼女を模したキャラクターを演じていたことがあります。

ゲームだけでなく、コミックにも興味があると言う、実は彼女、インドア派のオタクであるようです。

さらに日本の漫画アニメにも詳しく、「セーラームーン」の大ファンなことでも有名です。

ミーガンフォックスの若い頃!生い立ちや家族/兄妹姉妹は?

( https://www.thetalko.com/  より引用)

ミーガン・フォックスの生い立ちとは一体どのようなものなのでしょうか。

彼女の両親はすでに離婚をしていて、実母と継父によって姉・妹・弟と共に育ちました。

このような経歴は日本ではハードにみえますが、アメリカで多くあるようです。

彼女自身も離婚した実父とは幼いころから頻繁に会っていて、今でも仲が良いよいうで、自身の結婚報告を実父のフランクリンさんに連絡をしたそうです。

出身

( https://ja.wikipedia.org/wiki/ より引用)

名前:ミーガン・フォックス
生年月日:1986516

身長163センチ 体重52キロ
出身地:米国テネシー州ロックウッド
職業:女優、ファッションモデル

身長163センチ 体重52キロ

ミーガン・フォックスは1986年、アメリカ合衆国テネシー州ロックフォッドで、ネイティブアメリカン、フランス、アイルランドの血を引く両親から誕生しました。

その後両親は離婚しましたが、実母と継父によって愛情を持って育てられました。

彼女が10歳になった時、フロリダに引っ越しました。

モデル、女優になった経緯

( https://ohnotheydidnt.livejournal.com/ より引用)

5歳のころから演劇の勉強を始め、10歳で引っ越した際にも演劇の勉強を続け、13歳でチャレンジした大会でモデル・女優として認められこの道を志すようになりました。

16歳の時に映画『ホリデイ・イン・ザ・サン』でデビューしました。

彼女がモデル・女優になったきっかけなどについては不明ですが、恐らく子供のころから演技そのものに大きな関心があったのではないかと思われます。

実はドラッグをやっていた?

( https://www.cinematoday.jp/news/N0010973 より引用)

ミーガン・フォックスは麻薬に関しては独自の考え方を持っています。

現在は、まったく麻薬、ドラッグには手を出さず健康的なライフスタイルを送っています。

しかし、過去には麻薬を接種したことがあり、インタビューでは以下のように答えています。

「ドラッグをやった時期はあったわ。だから好きじゃないと言えるの」

( https://www.cinematoday.jp/news/N0010973 より引用)

ハリウッドには麻薬が蔓延し中毒者も多く、アメリカ全体でも「オピオイド危機」として社会問題になっています。

そんな中、ミーガン・フォックスは今は麻薬を好んでいないスターの一人として知られています。

実はタトゥー好き?

( https://eiga.com/news より引用)

ミーガン・フォックスは体中にタトゥーを入れていることでも有名です。

知られているだけでも8つのタトゥーを施しています。

その中にはマリリン・モンローもあったそうですが、彼女のキャリアの不遇などから「ネガティブなエネルギ―を入れたくない」として結局消去したそうです。

またシェイクスピアの戯曲「リア王」のセリフ「We will all laugh at gilded butterflies」のタトゥーを入れた事もあります。

実はハリウッドでは最低女優!?

( https://whatculture.com/film/  より引用)

彼女は過去に二度もハリウッド最低映画を決める賞「ラジ―賞」でノミネートをされた事があります。

一度目は2010年の「ジェニファーズボディ」「トランスフォーマー/リベンジ」のダブルノミネートで、二度目は2011年公開の「ジョナ・ヘックス」でした。

2011年公開の「ジョナ・ヘックス」は歴史的大コケをしてしまい、製作会社ワーナーブラザーズは大打撃を受けました。

旦那 ブライアン・オースティン・グリーンとは一度離婚していた!?

( http://x.celebee.info/?p=8186 より引用)

ミーガン・フォックスは現在、俳優ブライアン・オースティン・グリーンと結婚しています。

しかし、その結婚生活は一時離婚の危機に陥っていました。

二人は2006年に熱愛が発覚、2010年に結婚をし、2人の子供に恵まれて幸せな家庭を育んでいましたが2015年に離婚の危機を迎えます。なぜ、離婚の危機を迎えたのか。

当時仕事に恵まれず停滞していたミーガン・フォックス。女優としての成功を求めた彼女とブライアンの間で隙間風が吹き始めました。

2015年、もう少しでミーガン・フォックスは離婚申請を出すのではないかとも言われていました。ところが、3人目の子供をミーガン・フォックスが身ごもっていた事がわかり関係は修復してったと言われています。そして、2019年離婚申請は正式に取り下げることになりました。

二人は以前にも婚約解消の危機に陥ったことがありました。

https://front-row.jp/_ct/17239166引用)

これは「トランスフォーマー」シリーズで共演したシャイア・ブラ―フさんとミーガン・フォックスの浮気が原因になったのではないかという話でした。彼女を一躍有名にした「トランスフォーマーシリーズ」で二作にわたって共演したシャイアさんとミーガン・フォックスの関係は以前から話題になっていました。

イベントでも二人がお互いのルックスを褒め合うような親密な関係を多くの関係者が目撃していました。

二人は2009年、病院に通うシャイアさんを見送るミーガン・フォックスの写真がパパラッチに撮影されていました。

現在の夫ブライアンと出会ったのは2006年で、トランスフォーマーシリーズが映画化されたのは2007年なので、もしこの話が本当ならミーガン・フォックスは浮気をしていたということになります。

(https://eiga-board.com/posts/382?p=1引用)

さらに先ほども言ったようにミーガン・フォックスとブライアンは結婚する以前の2009年に婚約を解消する寸前までなったことがありました。

もしかしたら、この時シャイアさんとの二股疑惑についてブライアンは知っていて婚約を解消する寸前に陥っていたのかもしれません。

では、浮気相手の疑惑がかかっているシャイア・ラブ―フさんはどのように思っているのでしょうか。2011年に雑誌のインタビューでシャイアさんはこのように語っていました。

「お互いに惹かれあっているという設定の相手と6か月も一緒に仕事をしているんだ。そんな状況の中、仕事とプライベートを分けるというコンセプトは理解できないよ。でも、オレたちはそういう関係になったし、その絆はスクリーンにも映し出されていると思うよ」

( https://www.cinematoday.jp/news/N0033408 より引用)

当初、ミーガン・フォックス側はこういったシャイアさんの発言を否定していました。しかし、これに反応する形でミーガン・フォックスもテレビのバラエティの中で

「うーん。そうね。関係があったわね。彼を愛しているわよ。それについて隠すつもりはないわ。彼を愛してる。」

( https://eiga-board.com/posts/382?p=1 より引用)

というように語っていました。

その後、この発言は冗談だと訂正をしましたが、この話を聞いた司会者の男性は本当に困惑していたような表情をしていました。恐らく2006年~2009年の間、一時ではありますが浮気関係にあった可能性は高いでしょう。

さらにSNSインスタグラムではシャイアさんのことを懐かしむように彼の写真をアップロードしていたこともあります。その時コメントには「13年前の夏」というものでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

once upon a time 13 summers ago 🧡

Megan Fox(@meganfox)がシェアした投稿 –

これは憶測やウワサの域を超えませんが、本当に二人は愛人関係にあったのかもしれません。2015年離婚騒動の時にこの問題がミーガン・フォックスとブライアンとの間で取り立たされたかは不明ですが、夫のブライアンとしては見過ごせないことでしょう。

もしかすると彼女が仕事を優先させると、ブライアンよりもイケメンで売れているかつてのシャイア・ラブ―フさんのような若い俳優に彼女を奪われるかもしれない、そんな焦りがブライアンの中で働き、彼女といさかいを起こしていたのかもしれません。

ミーガンフォックスの子供は母親譲りで綺麗!!

( https://www.instagram.com/p/ り引用)

ミーガン・フォックスには3人子供がいます。三人ともとても可愛く綺麗と評判が高いです。彼女は時々インスタグラムに自身の子供との家族写真をアップしますが、ほとんどが子供への愛情に溢れた写真ばかりです。

その中でもディズニーランドに家族で行った時の写真は多くのファンから可愛いというコメントがありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Halloween at @disneyland is always the most fun but can I get ONE family photo where

Megan Fox(@meganfox)がシェアした投稿 –

さらに、3人揃ってコスプレしている写真もありました。

(https://www.instagram.com/meganfox/引用)

ミーガン・フォックスもハリーポッターのキャラクターコスプレをして、親子で仲良く写っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy Halloween🎃

Megan Fox(@meganfox)がシェアした投稿 –

3人娘に見えますが、実は男の子で、チャーミングな見た目から将来がかなり有望視されています。名前にも意味がしっかりあります。

名前は、長男「ノア・シャノン」聖書に登場するノアの方舟から。

次男は「ボーディ・ランサム」菩薩・仏陀によって教えを獲得することから。

三男は、「ジャーニー・リバー」船旅やあてのない旅など、大きくなる。

又、ミーガン・フォックスは夫ブライアンとの離婚調停を進めていましたが三男妊娠で取り下げた話は有名です。その三男リバー君は、髪の色などを理由にほんとうにブライアンとの子供か疑惑を抱かれています。

主な出演映画

( https://ja.wikipedia.org/wiki/  より引用)

ミーガン・フォックスは数々の映画に出演しています。

多くはセクシーなキャラクターに配役されることがあります。

出演する映画の評価があまり良くないものが多く、ラジ―賞を連続でノミネートしてしまうなど不名誉な出来が多かったそうです。

本人はこのセクシー系キャラへの配役に不満があったようで、精神的に悪い影響を及ぼしていた事を明かしていました。

本人もキャリアUPに苦心していたようで、この事が一時旦那さんとの離婚疑惑の原因になっていたことがあったそうです。

ホリデイ・イン・ザ・サン

( https://www.amazon.co.jp/  より引用)

2001年公開の「ホリデイ・イン・ザ・サン」はミーガン・フォックスの映画デビュー作です。

本作の主演はセレブ姉妹としても一時有名になったオルセン姉妹で、当時はアイドルとして様々な活動をしていました。

ミーガン・フォックスも当時は18歳でした。


映画の内容については、残念ながら日本では未公開で、情報が少なく詳しくはわかりませんでした。

トランスフォーマー

( https://www.amazon.co.jp/ より引用)

車や恐竜に変形するロボット宇宙生命体と人類の交流と闘いを描いた日米合作アニメシリーズ「トランスフォーマー」を実写としてリブートした作品。

「自由と平和」を愛するオートボット族と「圧制を通じての平和を」を信条とする破壊大帝メガトロン率いるディセプティコン族との戦いに地球の少年少女が巻き込まれるというSF大作です。

 ちなみに日本でアニメ放映されていた時は“オートボット”ではなく“サイバトロン”、“ディセプティコン”ではなく“デストロン”という明記でした。

デザインや設定の変更など、アニメファンからは賛否両論でしたが、大ヒットして続編の「トランスフォーマー・リベンジ」も作られました。

次作の「トランスフォーマー・リベンジ」も大ヒットしましたが、ファンからの評判はまた賛否両論でした。

しかし、その後シリーズ展開をしていくたびにファンからの評判はさらに悪くなって行き興行成績も乏しくなってしまいました。

このシリーズでミーガン・フォックスは「トランスフォーマー」と「トランスフォーマー・リベンジ」にのみ出演していて、役は人間側の主人公サムの恋人のミカエラを演じていました。

このミカエラは単にヒロインではなく、運転技術にたけていて必要とあればオートボット族や主人公のサムを救う為に自ら車を運転するなど活躍しました。


このような事からファンからは「ミカエラがいなくなってから楽しくなくなった」という意見が強くあります。

一応3作目の「トランスフォーマー・ダークサイドムーン」にも出演する予定ではあったらしいのですが、降板してしまいました。

その理由は彼女の失言の数々がきっかけだったそうです。

例えば2作目の「トランスフォーマー・リベンジ」のインタビューの際に…

「撮影中クレイジーでひどいの。まるでヒトラーよ。っていうかヒトラーそのものね!」

( https://ja.wikipedia.org/wiki/ より引用)

と発言し、自身がユダヤ系である製作総指揮を担当していたスティーブン・スピルバーグを激怒させたことがきっかけになったのではないかと囁かれています。

ジェニファーズ・ボディ

( https://www.amazon.co.jp/ より引用)

2009年制作の本作ではミーガン・フォックスは悪魔崇拝者に呪いをかけられて人食い怪物になってしまった少女を演じていました。

田舎町の学校に通う仲良しの女子高生ジェニファーと二―ディ。

 ある日ジェニファーの様子がおかしくなった事に気がついた二―ディは、ジェニファーが悪魔崇拝者のバンドマンに呪いをかけられて怪物に変えられてしまった事に気が付きます。


二―ディはジェニファーから街を守るために戦いを挑むのでした。

ミュータント・タートルズ

( https://www.amazon.co.jp/ より引用)

2014年公開の本作。

日本でも人気のアメリカ同名コミック原作アニメ「ミュータントタートルズ」の実写映画です。

ミーガン・フォックスはタートルズの友人であり、主人公の一人でもあるエイプリル・オニールを演じていました。


批評家やネットでの不評を跳ね飛ばすように映画はヒットし、後の2016年に続編が作られましたがこれは不評で興業成績も振るいませんでした。

まとめ

今回調べた情報をまとめると以下のようになります。

  • ミーガン・フォックスは現在も女優としての活動継続中
  • 重度のゲームマニアで日本マンガの大ファンでもある
  • 幼いころに両親は離婚したが、実父とは今でも仲良し
  • 少女時代は元々テネシー州にいたが、フロリダに引っ越した
  • モデル・女優になった経緯などについては不明、だが5歳のころから演劇の勉強をしていたので元々興味があったと思われる。
  • ドラッグは嫌い
  • タトゥーは好きで、リア王のセリフを体に書いている
  • 夫はブライアン・オースティン・グリーンで2009年に婚約破棄、2015年には離婚になりかけているが復縁した
  • 3人いる子供は美少女と見間違うレベルの美少年

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。