ジェームズフランコの彼女(恋人)は?性格は?若い頃と現在は?

Pocket

「127時間」「25年目のキス」「スパイダーマン」に出演し人気を集めている、ハリウッドスタージェームズフランコ。

弟には「グランドイリュージョン」や「ネイバーズ」「21ジャンプストリート」などで知られる俳優デイヴフランコを持つハリウッド兄弟。

今回は彼の恋人や彼女などのプライベートな部分から定評のある演技力や若い頃と現在までをまとめます!

スポンサーリンク

 

ジェームズフランコの彼女(恋人)は?妻は?

 

 

ジェームズフランコの恋人として過去に交際していたのは、女優のマーラソコロフ。

2006年頃には破局していたみたいです、、。

 

 

 

ジェームズフランコは2006年から女優のアーナオライリーと交際していましたが、2011年頃破局。

5年間付き合っていました。

 

「彼女とは終わったよ。4、5年くらいの交際だったかな。ロサンゼルスで一緒に暮らしていて、大学のために越したニューヨークで2年間一緒だった。その後、僕がイエール大学に入学したのが彼女の限界点だったみたいだ」

 

理由は、ジェームズが勉強ばかりしていたからだそうです。

趣味と仕事と恋愛の両立は難しいものですね、、。

 

 

ちなみに高校生の頃はシャイな性格だったそうですが、初体験は?と聞かれたジェームスはこんなことを言っています。

 

「高校生の時に当時つきあっていたジャスミンという子だった。
高校1年のときに付き合い始めたんだけど、僕がバカなことをして別れた。
でも、高校3年の初めにヨリを戻して2年くらい付き合っていた。僕にとって初めての真剣交際だった」

 

出る作品は話題になり、ヒュージャックマンからも賞を奪い取るような凄い俳優さんですが、

恋愛関係は割と一般的なようですね、、。

 

そして現在の彼女はというと、24才の現役女子大生。名前は”イザベル”という方だそうです。

 

 

ペンシルベニア州立大学を卒業した彼女はここのところ頻繁にジェームズと一緒にいる姿を目撃されており、米時間2日にはウェスト・ハリウッドで開催された『IndieWire Honors』なるイベントにも同行。 そこではジェームズの弟デイヴともハグをかわし、親しそうに話す姿もキャッチされている。

 

ジェームズは現在39才。その差なんと15才差、、。まだまだ元気なジェームズですが、

過去の恋愛を振り返りこんな事を語っています。

 

「当時の彼女が僕を訪ねてニューヨークに来たことがあった。
僕が学校に通っていた時期だ。僕の猫が彼女の目を引っ掻いてしまったが、
次の日の準備で大忙しだった僕は自分で彼女を病院に連れていかずに、
アシスタントに連れて行かせたんだ」

 

心無い自分の行動を反省しているようです、。

そして現在のイザベルとはアツアツだそうで、彼が賞をとった時には、、

 

 

「受賞の瞬間、彼女は満面の笑みを浮かべていました。
そしてスピーチを聞きながら拍手し、彼がジョークを言うとクスクス笑っていましたよ。
彼女は愛する人に夢中…そんな様子に見えました。」

 

と、ある関係者は言っております。

その後は友人も交えて一緒にディナーを楽しんだりしたようで、関係は友人も家族も公認みたいです!

 

更に今後の結婚について聞かれたジェームズは、このように答えています。

 

「結婚ってものに反対というわけじゃないんだ。でも相手は自分にピッタリの人じゃないとね。
まあ、いつかは僕も結婚するかもしれないよ。」

 

一時期ゲイ疑惑のあったジェームズですが、やはり女性が好きみたいですね!

ジェームズが結婚して妻になるのはイザベルなのか!?

今後に期待ですね!

 


 

性格は?血液型はAB型

 

 

俳優に作家、脚本家に監督、アーティストとなんでもこなし幅広く活動し、ユーモアがありそうなジェームズですが、自身の性格については、中毒に陥りやすい。と語っています。

スポンサーリンク

 

「中毒に陥りやすい性格なんだ。10代の頃にある依存を克服した。

演技を始めたのはそれからだ。17歳の時だった」

 

「演技に没頭した。演技することが全てになり、人付き合いもやめたくらいだ。それから10年ほど経って27歳の時に“参ったな。俺、随分ふさいでる。表面的にはいい人生に見えるけど、孤立感を味わっていて孤独じゃないか”と、ふと自覚した」

 

とこの様に語っており、仕事にまっすぐで、夢中になれるといい面に感じますが、

一方で、人付き合いや恋愛などを置いてきてしまうというもったいない一面もあるんですね。

 

 

様々な挑戦を続けるジェームズだが、現在はサーフィンやダンスを習っているという。
監督をしている過程が一番楽しいとのことだが、俳優業はやめないと断言する。

「学校に戻って、他のことを色々と体験して、今はサーフィンやダンスをするという新しい章が幕を開けた。今はペースを落とし、量より質で少しのことを集中的に掘り下げていくことを頑張っている」

とのことで、携わる作品も以前より慎重に選ぶようになったという。

 

何事もバランスですね!いい感じで調整しつつやっていければいいものです、、。

 


 

若い頃と現在は?

 

 

自身の若い頃についてはこう語っています。

 

「若い頃は俳優としてもいまより野心的だったし、もしかしたらオスカーのようにサクセスに対して貪欲すぎる自分がいたかもしれない。

いまはむしろ自分自身が成功を掴むというよりも人に教えることだったり、人が企画を形にできるようチャンスを与えたり、サポートすることに喜びを感じているね。

それは若い頃の自分にはできなかった考え方。最初は自分勝手な生き方をしているけれど、だんだんと自分より他人を大切にするようになるんだ」。

 

当時はニューヨーク大学で映画学科講師をしていた時。

若い頃は勉強が大好きで、それによって、現在の演技力や作家としての知識、技術などが身についたと語っているので、現在になり、それもいい経験だったといえるなんて素晴らしいですね!

 


 

演技力が凄い!

 

 

ジェームズフランコといえば演技力。映画「127時間」なんてほとんど1人芝居でした。

この演技で、オスカー主演男優賞にノミネートされています。

 

「猿の惑星:創世記/ジェニシス」(2011)「オズ はじまりの戦い」(2013)など娯楽大作に主演する一方、「Pineapple Express」(2008)「This Is the End」(2013)「The Night Before」(2015)など、セス・ローゲン主演の爆笑コメディの常連でもある。

 

更には、その演技力が凄く、何でもこなすジェームズは、決まりきった役柄が無くその幅も広いです。

 

昼のテレビドラマ「General Hospital」に50話以上にわたってゲスト出演し、業界を驚かせた。ハリウッドの映画スターが、昼の主婦向け番組に脇役で出演するなど、通ならば絶対に考えられないことだ。

 

まさにカメレオン俳優。そんな演技ができ、また称賛されるのもひとえに彼の努力の結果でしょう、、。

 


 

学歴は?

 

 

学歴は半端ないです!今まで通った学校は、5校!

その他にも、演劇学校などにも通っているのでもっとですね!

 

イエール大学、ニューヨーク大学、ウォーレン・ウィルソン大学、ブルックリン大学にコロンビア大学と名門ぞろいだ。

 

というか実家金持ちすぎですね!(笑)

後半は両親から自立を言い渡されマクドナルドでアルバイトをしていた経験もあるそうです!

 


 

本も出版!代表作は?

 

 

俳優のジェームズ・フランコが、友人ラナ・デル・レイとの会話をまとめた本『Flip-Side: Real And Imaginary Conversations With Lana Del Rey』を出版する。タイトルから察するに、実際に交わしたものだけでなく、想像上の会話も含まれるようだ。

 

彼の代表作はといえば、パット出てくるのは、やはりスパイダーマンだったりしますが、

個人的には、「127時間」ではないかと思うところです。

 

あの芝居は、本当に、リアルで感情が引き込まれてしまいます、、。

もう一度見たくなってきました(笑)

 


 

ジェームズフランコはこれからどうなっていくのでしょうか?

多彩な才能と努力で何をするのか、、。これからも期待大です!

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)