高田万由子の若い頃!実家跡地の現在は?息子はお茶の水で娘は大学合格?母親は?

正真正銘のお嬢様タレント高田万由子さん。

今回は高田さんの若い頃に関してや、実家とお子さんに関してを調べました!

スポンサーリンク

高田万由子の若い頃!

 

 

東京都港区三田の生まれ。1976年4月、愛育幼稚園に入園。

泣いている子どもがいると「泣かないで」とハンカチを持って慰めるなど、

やさしい性格から先生によくかわいがられた

 

幼稚園の時から家庭教師が付きっきりでフランス語を教えていたんだそうです

とんでもないお嬢様だったんですね!

 

その後に親族が白百合学園だった関係で、同じ学園に入学します。

有名なお嬢様学校です!

 

 

卒業後はスイスのロゼ学院に入学。

このル・ロゼのスイスの学校は世界中のセレブのご子息が集まる学校としても有名で、

学費も脅威の1年分で1650万円かかると言われる学校です。

世界から集まる子息らはみな寮生活なのですが、

休みともなると学校の中庭に自家用自家用ジェットが次々とお迎えに来たという規格外のセレブ学校なのです。

そしてこのロゼを卒業後、東京大学文学部西洋史学科に入学し、卒業をされているのです。

 

他にもこんな情報がありました。

 

 

ビリー・ジョエルの弟と仲が良かった。ダイアナ・ロスの娘がいた。

留学中にいつもスーツを着ていたアイルランド人相手にレマン湖の畔でファーストキス。

優秀な留学生に贈られるギュタンカップを受賞。

・高3の時、フランス・パリに留学。

・高3の秋から1日3時間100日間だけ受験勉強をした。

毎日21:00から3時間、トイレにも行かずに集中して勉強した。

・受験した東大、慶応、早稲田、上智、学習院、成城、東京外語の全て

高校時代のニックネームは「たかたま」。

・高校時代、おこづかいは月3000円だった。

・高2の時、スイスのル・ロゼ学院に1年間留学。

・大学の合格祝いに父親にガルウイングのクルマを買って貰った。

・20歳まで親と一緒に入浴していた。

ひとりで入るのが嫌いだったので誰かが入っている時に一緒に入った。大学時代、馬術部。東京都の大会に出場(初出場で2位)。

・大学時代、日本テレビのイベントコンパニオンのアルバイト。

・大学時代、様々なミスコンに応募。「ミス熱海」や「ミススキーヤー」に選ばれた。

・父親は自ら「昭和生まれの明治育ち」と称する厳しい人だった。

20歳を過ぎても門限があった(22:00)。

 

 

 

更には、学内での挨拶は同級生でも先生でも「ごきげんよう」だったそうです、、。

そしてこんなお嬢様が一体どうやって芸能界に入っていったのでしょう、、。

お嬢様であれば芸能界になんか興味が無いようにも思えてきますが、、。

 

東京大学在学中に篠山紀信の『週刊朝日』(1991年7月26日号)「紀信の女子大生シリーズ」表紙モデルに起用されるのをきっかけに、ミノルタの広告に起用される。

この、篠山紀信の週刊朝日表紙モデルからミノルタ広告出演は宮崎美子デビューの経緯と同じである。

 

 

モデルとしてデビューし、更に在学中だったんですね!

そしてもうすでにご存じの方も多いかと思いますが、高田さんの実家は超金持ち!

 

高田万由子の実家跡地の現在は?

 

 

高田家は、明治時代に武器・機械商として財を成し「明治三大貿易商之一」

とまでいわれた高田商会の高田慎蔵の末裔で、万由子の祖母も東京都港区虎ノ門に時価200億円ともいわれる大正時代の豪邸を所有していた。

万由子も一時期、この邸宅で起居していたが、建物は2002年に解体され、跡地は虎ノ門タワーズオフィスとなっている。

 

と言う事で現在ではビルになっているそうです!

と言うかビルが建ってしまうほどの家だったのですね、、。

 

それでは高田さんの実家について詳しく見ていきましょう!

 

高田万由子は東京都出身の高田商会の一人娘として
1971年1月5日に東京で誕生しています。

その華麗なる家系は4代前の高祖父高田愼蔵(たかだしんぞう)氏は、

代の明治~大正時代(1880~)に海外貿易でドイツ人武器商人の廃業を継いで社長となり成功を収めた人物です。

商社としては、三井物産や大倉組に次ぐ(後の財閥)と並ぶ大手商社として財を成した創業者とされています。

業種は武器や爆薬、鉱山業に機械製造が主になされています。

ただ1代目の高田愼蔵が亡くなった後の1925年2月に一時会社は経営破綻。

でも高田愼蔵の事業の成功で蓄えがあったのでしょう。

同年8月には事業形態を一変して自動車輸入や機械専門商社として直ぐに高田商会を新たに設立。

 

 

実は、お父様が経営していた「高田商会」は日本三大貿易商の1つだったみたいです。

スポンサーリンク

高田さんは一人っ子だそうで、相当大事に育てられたんじゃないでしょうか!

 

高田万由子さんのお父様は高田祐一さんでこの新たな自動車輸入業を成功させて、

娘さんである万由子さんを学生時代にはロールスロイスで送迎したりしていたそうです。

戦後の高度経済成長期の走りに乗っかるように輸入ベンツなどを戦争成金などに注文から、

約1週間以内に納車するなどの画期的な商売をしていました。

 

その祖母の家はホテルオークラに隣接している事から推定価値も規格外の200億の豪邸を構えているとの事。

200億らしいです・・・

一時はホテルオークラの隣に隣接という場所柄からホテルオークラも高田商会の運営なのでは?

と噂が回る程だったらしいですが実際はホテルオークラは高田商会とはご近所さんの関係との事らしく、

経営に関係はないとの事です。

 

このように住まいから規格外の資産を持つ高田商会の祖母の現在の場所は、

41階のタワーマンションが建設されておりその価格を見れば1LDKで9800万円というからその土地の価値がいかに高額なのかが分かりますね。

 

 

とんでもない家ですね、むしろ城みたいなものです、、。

昔は住んでいたそうで、一体どんな生活だったんでしょうね!

 

高田万由子の息子はお茶の水?

 

 

息子さんは、2006年8月に生まれ、現在12歳と言う事ですが、秋篠宮家の長男である悠仁さまと同じ学校に編入したそうで、

悠仁さまは、お茶の水女子大付属の小学校に入っているという事なので同じ学校だという事が分かったんですね!

 

「バイオリニスト・葉加瀬太郎さん(50)とタレント・高田万由子さん(47)のご長男・Aくん(11)です。

ずっとロンドンで生活していたそうですが、昨年9月に編入してきたのです。

頭も良くて、音楽や料理も得意だそうで、すでに学内で人気者になっています」

 

 

 

「(編入は)長男の『自分は日本人なのだから、日本の学校にも通ってみたい』という希望もあり、

決めたことだそうです。学校は、帰国子女を受けいれてくれること、日本の自宅から通えること、

などの条件で探しました。“悠仁さまと同じ学校に”という意識は特になかったそうです。

高田も日本に帰国したというわけではなく、これまでどおり、イギリスと日本を行き来する生活を続けています。

今後の長男の中学進学に関しては、日本の中学に通うのか、

それともイギリスで進学するのかなども、まだ決めていないそうです」

 

と言う事ですが、今後一体どういう人間になっていくんでしょうか?

楽しみですね!

 

高田万由子の息子はアスペルガー?

 

 

アスペルガーとは自閉症の一種で、高田さんの息子 万太郎君がアスペルガーと言われているそうなのです、

要はめっちゃ恥ずかしがりやという事ですね、、。

 

更にはこんな事実もあったんだそうです。

 

実は万太郎君が生まれる1年9か月まえに高田さんの父親が天国へ旅立ってしまいました。その後授かった長男の万太郎君が、その高田さんの父親にそっくりなんだそうです。

顔がそっくりなのは勿論、食べ物の好みや釣りや狩猟の雑誌が好きなところまで似ているそうです。

高田さんは万太郎君を父親の生まれ変わりだと思って育てています。

「息子が暴れん坊すぎ!暴れん坊と言うか、言う事を聞かない、、ワル。悪いの!ほんとに、ダメと言ったことをやるのが好きなのね。口で言って”ダメよ”って言うと、二言目には手が出て、、」

長男は空手を習っていることもあり、力が強く、たたかれると本当にいたいという。

また殴ったりけったりするだけでなく、物騒な言葉も飛び出すのだそう。

そんな息子を高田は、「本当に嫌いだった」とまで打ち明けた。

 

しかし、父の影響で料理の才能があり、何やらプロ並みの腕前なんだとか!

 

高田万由子の娘は大学合格?

 

 

高田さん娘さんは向日葵(ひまり)ちゃんと言う名前で、バイオリンでイタリアのジュニアコンクールで、

金賞をとった腕前なんだそうです。

ちなみに、大学には合格したそうですが、どこの大学かまでは特定されていません。

 

高田万由子の母親は美人?

 

 

華麗なる高田家に嫁がれた母の高田智子さんは23歳
の時高田万由子さんのお父様祐一さんと出会い結婚
されています。

 

本も出されているみたい・・・凄く綺麗なお母さまですよ!年齢は夫の祐一さんより11歳年下だったようです。

そして高田家の奥様と言う事でマスコミにも何度か登場された事があるのですが、やっぱり美しい!

武蔵野女子大学中に夫となる祐一さんと出会い卒業後に結婚されています。

以前万由子さんが幼い頃の家族旅行写真を見た事がありますが、

娘さんの高田万由子さんに負けない美しいお母さまです。

智子さんもおそらくお嬢様だったのでしょう。

とにかく現在47歳となる娘の時代の母親とは思えない、

美人で素敵なお母さまだったのが印象的でしたね。

 

実はお母さんは元モデルとして活動されていたみたいです。

そして、毎年夏に1ヵ月海外に留学をしていたんだそうです!


LINE@で最新NEWSを受け取ろう!

表には出せない〇秘でグレーな話題を”LINE@限定”で100%の鮮度でお届けします。

友だち追加する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)